静かなタイヤ その2


みなさまいつもパーツワン大阪店

 

ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

前回はタイヤが発する3種類の ”音”

 

についての内容でしたが、

 

あえなく途中でギブアップしてしまいました。

 

 

 

ようやく思考力が回復したので

 

続きを綴っていこうと思います。

 

 

 

前回同様、 ”静粛性” に的を絞って

 

タイヤ選びの参考となるようにご紹介していきます。

 

 

 

①・・・ロードノイズの少ないタイヤ

ロードノイズを低減させるにはどうすればよいか。

 

タイヤメーカー各社はその課題に

 

日夜取り組んでいるわけですが。

 

実をいうと、根本的な答えに関しては

 

すでに出ています。

 

 

 

その答えは ”タイヤのゴム質をやわらかくする” こと。

 

 

 

つまり、やわらかいタイヤをチョイスすれば

 

ロードノイズの少ない ”静粛性” が期待できるということですね。

 

 

 

しかし、ゴム質をやわらかくする=摩耗が早い

 

となり、当然転がり抵抗が増し、燃費も悪化します。

 

 

 

そうならないために ”シリカ” とよばれるケイ素を

 

天然ゴムに混ぜることによって

 

柔らかい+摩耗しにくい+転がり抵抗を減らす+グリップ力が増す

 

という一石何鳥もの効果を得ているんですね~。

 

 

 

さりとて、この ”シリカ” と呼ばれる物質。

 

非常に高価なのがネック。

 

 

 

タイヤには ”カーボンブラック” という炭素が

 

混ぜられていることは周知の事実だと思いますが

 

これも ”シリカ” と同じような効果が得られます。

 

 

 

一昔前まではこの ”カーボンブラック” が

 

タイヤの補強材としては主流でした。

 

 

 

がしかし、時代の変化に伴い、タイヤへのニーズが

 

[強度]から[静粛性]へとシフトしていったことにより

 

 ”シリカ” の配合割合の方が多くなっていったという事でしょう。

 

 

 

さらに ”シリカ” という物質は

 

”ゴムと均一に混ぜて成形する” ということが

 

大変難しく、添加剤を開発するなどして

 

そういった面もカバーしているようです。

 

 

 

 

兎にも角にも、この ”シリカ” を贅沢に使ったのが

 

[ブリヂストン REGNO][ダンロップ VEURO]  、

 

[ヨコハマ ADVAN dB][ミシュラン Primacy4]

 

といった高級と称されるタイヤたちなのです。

 

 

 

他にもサイドウォールやショルダー部分の

 

カットに工夫を凝らしたり、

 

タイヤの層の中にノイズ吸収シートを挟むことで

 

ベルト部分の振動を抑えたり。

 

 

 

さまざまなロードノイズ対策がなされているんですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃー高っけえわけだ。(納得)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかんですね。

 

 

言葉選びが雑になってきてしまっているので

 

 

今回はこのへんで

 

いったんエスケープです。