ホイールが・・・


みなさまいつもパーツワン大阪店

 

ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 

 

 

先日、いつもご利用いただいているお客様から

 

おあずかりしたタイヤを交換しようと、、、

 

 

 

虫を抜いて、エアー抜いて・・・。

 

ん?空気が入っていない。

 

パンクか?

 

 

 

そのお客さまは ”ランフラットタイヤ” を装着されておりましたので

 

「まさか気が付いておられないのかな?」

 

 

 

ぐるっとタイヤを見たが、特にパンクの形跡はなし。

 

違和感を覚えながらも作業を続行。

 

 

 

新しいタイヤを組み付けて、エアー注入!

 

どこからともなく、シュ~!と、なかなかの勢いで

 

エアー漏れが。。。

 

 

 

「ああ~クラックかな?」

 

裏表ぐるっと1周見たけど割れてる様子なし。

 

どこや~?

 

 

 

ブレーキダストで真っ黒になったホイールの内側から

 

エアー漏れの音がする。

 

これか!と発見。

 

 

 

某輸入車の純正ホイールでした。

 

輸入車はブレーキダストがホイールの内側に溜まりやすく

 

基本的に真っ黒なので見た目には分かりにくいのです。

 

 

 

 

内側かいな~!と思いながら

 

パーツクリーナーで拭いてみると、、、

 

見事に割れておりました。

 

 

 

 

派手にぶつけても意外と割れなかったりしますが。

(さすがに上空1万メートルとかから落としたらたぶん割れます。)

 

 

クラックの原因は主に ”金属疲労” だと云われております。

 

 

ホイールも消耗品だということですね!

 

 

 

 

 

そして今大変なことに気が付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真撮るの忘れてた。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということですごく伝わりにくいブログの内容になってしまいました。

 

 

すみません。

 

 

 

 

 

 

 

なにはともあれ

 

ホイールにクラックがある = タイヤがパンクしている

 

空気が漏れるという意味では同じことです。

 

そのまま使い続けることはできません。

 

 

 

 

 

ランフラットタイヤって

 

”ビード” と ”サイドウォール” が

 

丈夫に造られていてかなり硬いので

 

その分ホイールに金属疲労がたまりやすいのです。

 

 

 

 

 

タイヤ交換の際にクラックがないかチェックするのは

 

タイヤ屋としては当たり前にしますが

 

みなさまご自身での日常点検も大切です。

 

 

 

 

 

空気圧をこまめにチェックすることで

 

タイヤがパンクしていないか

 

ホイールが割れていないか

 

バルブは劣化していないか

 

などを発見することができます。

 

 

 

 

みなさまお気をつけて~!