ネクセン / ロードストーン の魅力


みなさまいつもパーツワン大阪店

 

ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

 

 

本日はタイヤ屋っぽいブログの内容です。(笑)

 

 

 

当店で取扱いのあるタイヤで一番人気&一押し!

 

 

 

韓国生まれのブランド!

 

 

 

 

 

ネクセン / ロードストーン

 

imagesZZ6H1NGX

 

459-191-roadstone_crop-990x315_6cf9a15f5c-640x204

 

 

韓国のネクセン社がヨーロッパ向けの輸出用タイヤとして

 

製造しているのが ”ロードストーン”。

 

これがすごくイイ!

 

 

 

 

まずは聞いたこともない!という方向けに

 

簡単にご紹介。

 

part-1-pic-1

 

これだけ世界中の自動車メーカーに純正タイヤとして採用されてます!

 

言わずもがな。

 

安全性や信頼性は申し分ないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして以前のブログ(タイヤってどうやって選んでます?

 

で冗談めかしく書きましたが、タイヤって丸みがかなり大事。

 

 ”真円性” ってやつですね。

 

 

 

当たり前やろと思われた方!

 

実は当たり前じゃないんです。

 

 

 

ホイールバランサーでぐるぐる回すと

 

肉眼でも一目瞭然。

 

 

 

 

 

 

変なタイヤは全然丸くないんです!

 

だから車に着けると、

 

ハンドルがたがた、車体がゆさゆさ、同乗者げろげろ。

 

 

変なタイヤを履くと確実に車内はゲロまみれになります。

(お食事中の方ごめんなさい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

丸くて当たり前のタイヤですが実は丸じゃない。

 

それを各メーカーが限りなく丸に近い形に

 

作ろうと日々研究・テストされているのです。

 

 

 

 

じゃあ機械で1~10まで全部作っちゃえば?となるのでしょうが

 

それもけっこう難しいんです。

 

なんで難しいかはメーカーさんに直接聞いてください。(笑)

 

 

 

 

1~10まですべての工程を機械で行って

 

高品質のタイヤが作れる製造システムができれば、

 

あとはほぼ一定の品質を保つことができて

 

タイヤの不良率・欠陥率もぐっと下がります。

 

 

 

そうなると生産量も増えて、なおかつ人件費も削減でき

 

商品の価格を下げることができます。

 

 

 

そんな理想を世界で初めて実現させたのが

 

ネクセン社のフルオートメーション工場。

factory-pic-1

 

 

原料の入庫~出荷までほとんど人の介入は無いそう。

 

 

factory-pic-2

 

 

 

 

すっごいですね~。

 

 

たしかに ネクセン / ロードストーン のタイヤって

 

 

バランサーで回してもほとんどブレがない。

 

 

もちろん正規品に限りますが!

 

 

 

 

 

やっぱり100%完全ではないので、

 

 

ごく一部の検査に通らなかった欠陥品が

 

 

どこのルートからか一般市場に紛れ込んでいるので

 

信頼できる販売店から買うことをおすすめします。

 

 

 

 

 

タイヤって ”走り” に直結する重要なパーツですから、

 

クルマにこだわるならタイヤにもこだわりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※念のため書きますが、ネクセン社から金品などは一切受け取っていませんのでご留意くださいませ。(笑)

 

 

ネクセンロードストーンを買うならパーツワンへぜひ!!

072-336-7789