ホイールアライメント!!!その3


RX71

 

みなさまいつもパーツワン大阪店のブログをご覧いただきありがとうございます!

 

おまたせしました!アライメントについてながながと語って参りましたが、結局具体的にどんな作業をするのか?

というところについて紹介させていただきたいと思います!

 

 

 

さあアライメント調整と言ったものの、調整する為にはまず、今の車の状態を正確に知っておく必要があります。

 

アライメントを直訳すると[整列]。

 

つまりホイールの位置・角度などを各項目ごとに専用の機器を使って数値化していきます。

 

その際に使用する専用の機器がコチラ。

 

2019.2.14-1

 

アライメントテスターです!これ1台で高級外車が買えます(笑)。

 

置いているプロショップもそう多くはないのではないでしょうか。

 

あまり細かく当店のこだわりを語ると「なんのこっちゃ!」とお叱りをうけそうなので簡単な作業手順と、

 

「なぜアライメントにお金がかかるのか」という当店の全力の主張をご紹介させていただきます。(笑)

 

 

 

  • 準備作業その1・・・データ入力

まずはコンピュータに車両データなどを入力し、測定の準備をします。

たくさんある車両データの中から車種を選択するのですが

古い車や、逆に新しい現行車などはパソコン内にデータがありません。

ので!メーカーからデータをダウンロードする必要があります。

 

このダウンロードには〇万円かかります(汗)

ので!簡単に計測だけと言ってもタダではできないのです。。。

 

 

  • 準備作業そ2・・・車をリフトアップ2019.2.22-2

データ入力が終われば車をリフトの上に載せます。

この時[ターニングラジアスゲージ]と呼ばれるターンテーブルの役割を

果たす分度器の上にタイヤが載る様に車をポジショニングします。

 

 

この上に載せることで停車状態でもハンドルを

右に左に切ることができるわけですね。

 

 

 

 

  • 準備作業その3・・・センサーの取り付け

ホイールにセンサーを取り付けます。このセンサーに赤外線を当てた状態で

タイヤを前後に動かしたりハンドルを切ったりすることで2019.2.22

足廻りのいろいろな角度を正確に計測できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

  • 準備作業その4・・・測定

いよいよ測定に入ります。ですがまだホイールアライメントの本番ではありません。

あくまで測定なので、車の現状を数値化し、どこを調整しなければいけないのかという

いわば地図を作る工程です。

この”地図”を元に調整作業を進めていくというのがアライメントの大まかな流れになります。

 

 

 

いかがでしょうか。かなり簡単なご紹介でしたが、アライメント測定だけ取ってもこれだけの工程がございます。

アライメントの調整作業についてはまた次回にご紹介させていただきます!

 

 

 

測定のみも大歓迎!アライメント調整のご依頼はぜひパーツワン大阪店まで!

072-336-7789