ダンロップ WINTER MAXX 02

2018/10/19 タイヤ日和(スタッフBlog) by shopmanager


皆さんこんにちは。

今日は、国産の中で一番売れ行きがいい、スタドッレスを紹介したいと思います。

ダンロップ WINTER MAXX 02

 

スタッドレスを購入される際に、今からお伝えするこの三つが私自身大事だと思うのでお伝えします。

 

氷上性能

スタッドレスタイヤを選ぶ上で一番気になるところではないでしょうか。

日本国内は降った雪が気温が上昇することで一度溶け、再度明け方などに気温が下がると氷になることが多くあります。

いわゆるアイスバーンというやつですね。

車でこのアイスバーンの上を走行する時が最もヒヤッとするかと思います。

 

氷上性能は文字通り氷の上での性能です。

この部分はしっかりとチェックしておきたいですね。

 

雪上性能

もちろん氷の上だけではなく、降り積もった雪の上での性能も大切です。

雪が深い場所に行くと、タイヤが空転してスタック(空回り)するようなこともあるかと思います。

 

ふかふかの雪や踏み固められた圧雪、シャーベット状の雪など様々な状態でも、しっかりと車をコントロールできるよう雪上性能も確認しておきましょう。

 

寿命・耐摩耗性能

スタッドレスタイヤは一般的に2年から3年ほどの寿命と言われています。

スタッドレスタイヤは厳しい寒さの状態でも雪や氷に食い込むように特殊な配合のゴムを利用して柔らかくなるように作られています。

時間が経つとこれがどんどん硬くなってしまうため性能が大幅に落ちてしまうわけです。

 

最近ではこのゴムの硬化を防ぐためにメーカーによって様々な技術が用いられるようになってきています。

また、減りやすいと言われるスタッドレスタイヤですが、最近では摩耗が遅く溝が少なくなりにくいものもあります。

 

更に、摩耗後もスタッドレスタイヤとしての効きが持続するタイヤも発売されています。

タイヤの「もち」を重視する方はこの部分をチェックして下さい。

 

ドライ性能&ウェット性能

雪が積もっていない場所を走行するときの性能のことです。

ドライは乾燥している道、ウェットは雨や雪解けで濡れている道のことを指します。

 

雪道などでの走行を想定しているスタッドレスタイヤはサマータイヤに比べてドライやウェットでのグリップは落ちてしまいます。

特に雨天時の制動力低下は注意が必要です。

 

最近の新商品ではこのウェット制動能力が高いものも出ています。

タイヤ選びの一つのポイントになるでしょう。

 

燃費性能

以前はスタッドレスタイヤというと夏タイヤとくらべて燃費が悪くなると言われていました。

最近ではスタッドレスタイヤでも燃費が良いものが出てきています。

特にここ最近のスタッドレスタイヤ新商品では燃費性能はキーワードになっていると言っても良いでしょう。

 

雪がさほど多く降らない地域で、燃費性能を重視するという方にとっては注目ですね。

 

価格

そしてもちろん価格は重要です。

多くのタイヤを見てきた私自身の実感としてですが、「タイヤは値段に性能が比例しやすい」商品と言えます。

 

 

 



タグ: 

コメントは受け付けていません。


激安輸入タイヤ販売・交換。持ち込みタイヤ交換大歓迎の専門店!タイヤ交換工賃激安のパーツワン大阪店です!