旧車の定義?

2018/08/10 タイヤ日和(スタッフBlog) by shopmanager


こんにちは。パーツワン大阪です。
最近、~は旧車やなあ。~は旧車ちゃうで。とか良く耳にします。

1インパル

その定義は何?

って少しでも疑問に思った方!!

今回は旧車について触れてみたいと思います。

旧車の定義は明確な線引きがされていなく、曖昧な部分もあります。

 

名前の通り古い車という事になりますが、単純に年式が古ければ全ての車が旧車となる訳ではありません。
主に旧車と呼ばれている車は、
古い車の中でも往年の名車と呼ばれる乗用車と表現するのが適切
と言えるでしょう。

 

日本クラシックカー協会が主催するイベントでは1975年以前に製造された車が参加条件となっています。
それ以降に製造された車種でも旧車に属する車はたくさんありますが、
確実に旧車と言える基準を年式に当てはめれば1975年が現在ひとつの基準となっています。

旧車と呼ばれる条件

旧車の定義で一番重要視されるのは、車の外観となっています。

 

ざっくりとした表現になってしまいますが、現行車にはないゴツさがあったり、昭和を感じるレトロなデザインが人気の旧車となっています。

 

旧車=往年の名車

と呼ばれているだけあって、年式が古い車の中でも、当時から大衆車ではなくて、スポーツカーや高級車として扱われていて車が旧車の定義とも言えます。

 

もちろん30年や40年前など極端に古い車はカローラなどの大衆車などもレトロなデザインという面で旧車と呼ばれる事はありますが、
人気の旧車に限定すれば、年式が古いよりも、当時は平均的な所得の庶民がなかなか手が出ないような憧れの車が多くなります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

様々な呼び方がある旧車

旧車は、「クラシックカー」や「ヒストリックカー」と表現される事もあります。
この言葉は同義語とも言えます。

 

更に1919年~1930年に製造されたものを「ヴィンテージカー」と呼ぶ動きがあり、
東京都では1945年以前に製造された車をヴィンテージカーとして公式に認め自動車税を減免する措置が取られるなど、国後任の呼称にもなっています。ヴィンテージカーの定義が1919年とされているのは1918年までに第一次世界大戦が行われていた影響もあります。

 

ヴィンテージカーよりも古い第一次世界大戦以前に製造された車は「ベテランカー」とも呼ばれていて、ここまで来れば完全に博物館レベルとも言えます。
さらに国内のコアな旧車ファンの間では、「ノスタルジックカー」と呼ぶ動きもあります。
これもまた旧車の同義語として扱われています。
ノスタルジックとはフランス語で日本訳にすると郷愁という意味になり、
得がたいものや失われたものに対して心惹かれるさま、
遠い懐かしさのあるものへ思いを馳せ、憧れを抱くなどといった意味があります。

要するに、旧車は名車でないと旧車と呼ばれない傾向にある訳ですね。
でも世間は古いだけで一般大衆車を筆頭に旧車税と重量税を共に支払わなければならない。

……名車税ではダメなのか。笑

少しお話が変わりましたが、旧車に乗っているオーナーさん達。
これからも大切にしてあげて下さいね。

そんな愛車でタイヤ交換、オイル交換でのご来店お待ちしております。

パーツワン大阪でした。

eto_saru_shinnen_aisatsu



タグ: 

コメントは受け付けていません。


激安輸入タイヤ販売・交換。持ち込みタイヤ交換大歓迎の専門店!タイヤ交換工賃激安のパーツワン大阪店です!