乗らず嫌い

2017/11/13 タイヤ日和(スタッフBlog) by shopmanager


食べ物に「食わず嫌い」がある様に、

車にも「乗らず嫌い」があると思う。

 

 

自動車免許をとって初めて乗ったのが

親父が乗っていた「ランドクルーザー60」。

初心者の小僧には、とてつもなくデカい車に思えた。

しかし、乗ってみると四角四面のボディは見切りが良くて

車両感覚もつかみやすい為、とても乗りやすい車だった。

ここからSUV一辺倒(と言っても数台)の愛車遍歴になるのだが

アメリカ車に興味を持ち始めた頃、SUVと競合する存在が

アメリカで最も売れている車、「ピックアップトラック」だった。

だが、ピックアップトラックに興味の無かったわたしはSUVを選ぶ。

それから、ピックアップトラックを考える事はなくなったが

ある時、ショップの代車として「シボレーC-1500」乗った事があった。

赤いボディ、ナスカートラック風にカスタムされた外装とステッカーが人目を惹く。

人生初のピックアップトラックだったが、よく雑誌に出てくるバカでかいそれとは違い

レギュラーキャブ&ショートベッドで全長は5メートルをきり

非常に乗りやすく、且つ楽しい車であった。

フローマスター40を使いワンオフされたマフラーのおかげで

V6なのにV8の様な轟音を響かせていたが、その見た目と相まって「らしさ」に溢れていた。

昨今の巨大なピックアップトラックは乗りたいとは思わないが

フルサイズの1番小さなボディには、今になって憧れる。

やはり乗らず嫌いだったのだなと、今にしてみれば思うのだが

あの時、代車で乗らなければもしかしたら

一生ピックアップトラックには見向きもしなかったかもしれない。

一度乗ってみる事で、好きになる事もあるのだ。

 

 

 

と、前置きが長くなりましたが

先日こんな素敵な車がご来店下さいました。

 

IMGP0052 (3)

 

第2世代の「シボレーC-10」です。

この赤いボディを見るといいなぁと思ってしまいます。

わたしが乗ったC-1500のご先祖です。

 

IMGP0056

 

な、何と!!!!!!

希少なステップサイド

フリートサイドもスマートで良いですが、こいつも味がある!

 

IMGP0057 (2)

 

ホイールは10ホールのクロームスチール。

由緒正しい古き良き時代のデザインです。かっこいい!

 

IMGP0058 (3)

 

非常にスッキリとした内装。

メーターなんかこれだけあれば十分ですね。

ウッドがイイ感じ!

 

IMGP0059

 

何時間でも眺めていられそうなフロントフェイス。

つぶらな丸目がかわいいんだな。

 

 

いつかは乗ってみたいけど、・・・・・・。

と、思う今日この頃でした。

 

 

それでは、今日はこの辺で (○´ω`○)ノ

 

 

以上、激安輸入タイヤ販売・激安タイヤ交換

パーツワン大阪店がお送りしました!



タグ: 

コメントは受け付けていません。


激安輸入タイヤ販売・交換。持ち込みタイヤ交換大歓迎の専門店!タイヤ交換工賃激安のパーツワン大阪店です!