タイヤ屋ブログ(スタッフブログ)

驚愕!100000Km走れるタイヤ!?


みなさん、おはこんばんちは

9月にタイヤモニターとして作業させて頂いた「柏原タクシー様」。

溝の計測とローテーションの為ご来店頂きました。

 

 

車種 日産セドリック

装着タイヤ NEXEN  N’blue HD PLUS 205/65R15

タイヤ交換時の走行距離 340474Km

新品時の溝 約7mm

 

 

さて、その結果は・・・

 

 

ローテーション来店時の走行距離 347938Km

という事は、走った距離は7464Km

 

右前の溝が6.6mm(中央測り)  新品時の溝7mmから6.6を引くと0.4

路面温度・乗り方・乗車人数等、溝の減り方は条件によって一定ではありませんが

数字のみを考えて計算すると、0.4mmで7464Km走った事になります。

では、スリップサインが出るまでに何Km走れるのか?

スリップサインが出るのは残り溝1.6mm。

実質使えるのは7-1.6=5.4mm。5.4を0.4で割ると、13.5。

何度も言いますが、数字のみを単純に考えると

7464Kmを13.5回走れるという事になります。

7464×13.5=100764Km!Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

 

左前の溝は6.5mmなので、同様に計算すると

7464×10.8=80611Km

 

右後・左後共に溝は6.25mmなので

7464×7.2=53740Km

 

フロントよりもリアの方が減りが早い事が分かりますね。

 

 

上記の結果を基に、前後ローテーションしながら

スリップサインぎりぎりまで(中央溝を基に計算)タイヤを使うと何Km走れるのか?

7464Km走る毎にローテーションを行うと仮定すると(フロントは右前のデータを基に計算)

9回のローテーションを経て、その時点でのスリップサインまでの残り溝(中央)は

フロント0.05mm、リア0.4mm

リアはまだもうちょっと使えるのですが、フロントの0.05mmを

使い切るまでに走れる距離は、フロント933Km リア497Km

これを加えるとスリップサインが出るまでに走行可能な距離は

フロントから使い始めたタイヤ 67673Km

リアから使い始めたタイヤ 68109Km となります。

平均は 67673+68109=135782 135782÷2=67891Km

ローテーションをしながら使うと約68000Km弱

減りの少ないフロントのみで使うと、先にも書きましたが何と100764Km!!!

まぁ今回は、計測データだけを参考にタイヤの中央溝を基準に出した数値なので

通年使用した場合、走れる距離は変わってきます。

それでも、「価格」「性能」「品質」のコストパフォーマンスを考えると

とても素晴らしい結果ではないでしょうか?

値段が安いからすぐ減る?性能が悪い?

いいえ、そんな事はありません!わたしたちは自信を持って

パーツワンのタイヤをオススメします!d(^^*) 

 

 

 

長々と検証の話に夢中で、お客様のレビューを忘れていました・・・

乗り心地、静粛性、ハンドリング共に「非常に良い」

とのお褒めの言葉を頂きました!

これからもNEXEN  N’blue HD PLUS のしなやかな乗り心地をご堪能頂ければと思います。

 

 

 

優れた乗り心地、静粛性、操縦性に加えて

省燃費性をさらに強化した NEXEN  N’blue HD PLUS

運転のプロに太鼓判を押して頂いたタイヤですから、間違いない!

スタッドレスからサマータイヤに履き替えを検討中の皆様にぜひオススメです!!!

 

 

 

 

以上、激安輸入タイヤ販売・激安タイヤ交換

パーツワン大阪店がお送りしました!(●゚ω゚)ノ

 

 

 

 無題wsa