タイヤ屋ブログ(スタッフブログ)

ゲリラ豪雨にご用心!


みなさん、おはこんばんちは(○’ー’○)

・・・・・・・・・・・・・・暑いですね・・・・・(・∀・i)

いつの間にかセミが鳴く様になってるし・・・

まぁ彼らも、一週間かそこらの命の中で懸命に叫び、生きているんだと思うと

ある意味、人間なんかよりもずっと素晴らしい生き物ではないか?

と、何となく思ってみたり・・・・・・・暑さで頭がやられたかなww

 

 

 

さて、今年はエルニーニョ現象で~云々言われておりますが

近年、地球温暖化の影響なのか、世界中で異常気象が相次いでおり

ここ最近でもニュースでよく耳にするのが「ゲリラ豪雨」

突然の土砂降りがなんとも厄介なコイツですが(-ε-。`)

車を運転中に遭遇した場合、どのように対処したらいいのでしょうか?

今回はそれを考えていきましょう!

 

 

 

突然バケツをひっくり返した様な大雨・・・Σ(゚Д゚;;)ノェェェェエエエエ

まずはヘッドライトを点灯慌てずに落ち着いて速度を落とし

店舗等の駐車場に避難しましょう。急減速・急停車は絶対NGです!!!

ゲリラ豪雨では、前方の視界が非常に悪くなる為

急に路肩等に停車すると、追突される危険性があります。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

 

 

 

BSetZvxCMAAFDIA

※写真はネットよりお借りしました。

 

 

 

ゲリラ豪雨で厄介なのが、道路の冠水です。

車が水没する可能性もある為、少しでも高い場所へ避難しましょう。

避難できる場所が無く、やむなく走り続ける場合は速度を落とし

アンダーパス等、冠水の可能性のある道は避けましょう。

冠水にはまり、水没によりエンジンが止まってしまったら再始動は絶対NG!!!

最悪エンジンが逝ってしまいます!(´ω`。)

 

 

 

高速道路を走行中の場合、急減速と路肩への急停車は追突される可能性があり大変危険です!

この場合は、周りの車の状況をよく判断し徐々に速度を落としつつ

流れを乱さない様に走行。

一番近いパーキングやサービスエリアに避難する様にしましょう。

速度の出る高速道路ではハイドロプレーニング現象が起きやすく

路面状況が変わる所(トンネルを出た瞬間等)ではスリップしやすいので注意が必要です。

 

 

 

タイヤに関しては、残り溝の少ないタイヤでの雨天走行は

大変危険なので注意しましょう。

溝が少ないと排水性が著しく低下し、簡単に水の上を滑ります∑(0д0)

ゲリラ豪雨時には、慎重かつ「急」の付く行動は避け

絶対にスピードは上げない方が賢明ですね。

 

 

 

とまぁ、近頃は夏に限らず1年中大雨の降る可能性もある訳ですので

心構えを大切に、いざ遭遇した時は

慌てず落ち着いて周りの状況をよく判断し、安全な場所に停車して

通り過ぎるのを待ちましょう。

自分が事故を起こさない、事故に巻き込まれない事が最も重要です。

 

それでは今日はこの辺で!(*・ω)ノ

 

 

 以上、激安タイヤ販売持ち込みタイヤ 激安工賃

パーツワン大阪店 M がお送りしました!!!